保育園求人のチェックポイント

subpage01

少子化が叫ばれている現代ですが、それ以上に深刻なのが保育園の人材、保育士などの不足です。
そんな状況ですので、保育園関係の求人はかなりの数がサイトなどでも溢れかえっていて、いざ探してみるとどれが良いものなのか、迷ってしまわれる方も多いのではないでしょうか。


そんな方向けに、保育園求人のどこを見ればいいのか、チェックポイントを解説します。
求人と言えば最初にチェックするのは条件、給与や休日などの基本的な情報は見たいところです。

ただ、こういった箇所は数字で違いが分かりやすいものですので、今回はそれ以外に注目してみます。


まず注目したいのが園の方針や立地条件。
特に保育園の方針は、求人情報だけではなく、園の公式Webページなどがあればそちらを見てみると良いでしょう。



例えば年間行事の部分を見てみると、行事が多い園なのかそうでないのかが分かります。
行事が多い園は、その影響で持ち帰りの仕事や残業が多くなることが多いようです。

保育士の就職情報があります。

ただ、同時にやりがいがあるところという判断もできます。

また都市部に位置する園だと、延長保育などが他より遅くまで行われていて、残業などに結びつくケースもあります。
逆に土日保育がない園なら、土日休みが実現できるかもしれません。

保育の給料について詳しく書かれています。

他にも公式ページからは園の方針や雰囲気を読み取れます。これは職場の雰囲気そのものに結びついたりもするので、自分の感覚に合う方針を持っている保育園を選ぶと、採用後に職場の雰囲気が合わないということが少なくなるかもしれません。

みんなの常識

subpage02

保育園で働くためには、子供好きというだけでなく、保育士の資格を取得する必要があります。しかも保育士の資格は、保育に関する養成学校に行くか、難関と言われる国家試験に合格する必要があるのです。...

NEXT

求人の重要知識

subpage03

保育士の求人を出している保育園は沢山ありますが、それほど多くのところで保育士が不足している状況です。ある地方によっては保育士が足りている場所もありますが、特に都市部を中心に保育士不足がとても深刻となっています。...

NEXT

知っておきたい情報

subpage04

小さな子どもがいる共働き夫婦の家庭にとっては保育園は必要不可欠な存在なので、出来るだけその施設のある地域に住みたいと思うのは当然のことです。しかし都市部を中心に小さな子どもを持つ共働き家庭が物凄い勢いで増えているので、それに対応出来ていない自治体が沢山あります。...

NEXT

おすすめ情報

subpage04

特に都市部を中心に保育士の求人を出している保育園が増えていますが、それは子どもをそこに預ける人が増加傾向にあるからです。都市部には沢山の人が住んでいることもあって、マンションの家賃は地方と比べて高いので生活費がとてもかかります。...

NEXT